FLOWER CONDITION  

 ポートレイトシリーズの後、静物を撮ることにして初めて分かったことは静物のほうが難しいということ。花はただそこに佇むばかりで、誰も私に語りかけてこない。しばらくして捨てられる日を待つのみの花が目に入り、その瞬間を撮りたいという衝動に駆られた。然る後、放置していた花の束をよく観察し、対象の本質が現れ露呈する瞬間の記録を試みることにした。

 このシリーズでは花の多様な状態 - 今にも咲きそうな花、満開、燻されている、ぽろぽろと崩れている、冷凍されている、枯れている、枯れた後の花 - を展示している。私は常々、対立する要素が力強く互いを引きつけている様 - 影と光、黒と白、生と死 - に惹かれているのだと思う。ヒトに対しても同じように。

 私にとって写真は隠れていた感情を発見し、表現する手段の一つになっている。自らの写真を見ることで私が何を思っているのか、何が重要で何を美しいと思うのかということが、遠く離れた国で、遠く幼い頃の記憶がじわじわと蘇るように、少しずつ明らかになっていく。写真に関わる全ての過程が、真実を問う空間であることに気づく。

 切り花たちの短い命とそのあらゆる状態の美しさを目の当たりにし、生きること、死ぬこと、その間で起こる如何なることも、死後の世界も恐れることはない、と確信する。

 

     After I did a series of portraiture, I decided to work on still life. At first, I found still life more difficult because the flowers were just there, and no one to encourage me. After a while, I had an impulse to capture the moment of when to discard a dead flower.  Then I started observing a bunch of flowers carefully, and picked each one to capture the instantaneous epiphanies.

     This series shows various conditions of flowers; ready to bloom, vibrant, smoked, crumbled, frozen, dead, after death. I find it beautiful when conflicting elements attract each other in a world; shadow and light, black and white, and life and death. This is my feeling towards human condition too.

     Photography has been a way to find and express my emotions. From my own work, I discover/rediscover my feelings based on all of my thoughts, esthetics and experience from environment and culture I grew up in. It is a process of creating a space to listen and ask myself what is it to be truthful.

     In seeing this short life and all its conditions, I firmly believe that I am not afraid of life or death, nor anything in between or after death.