スーツ?制服?の男の人たち

スーツ?制服?の男の人たち

引き続き、プラシャント先生のクラスで教わったアーサナやプラーナーヤーマを練習、観察する方法をもう少し詳しく書きます。

Systems are flexible. 組織は柔軟である。

柔らかく、且つ鋭敏。

うつ伏せ寝のときも呼吸はする。

前屈のポーズで鋭く息を吐いてみて。

その鋭い呼気は、捻りのポーズと同じ?

*アーサナのインストラクションでは、ツイストのときは吸って伸びて、吐いて捻る、というのが通例だと思います。でも私はこの時、鋭く吐いたらより伸びた!

呼吸を全ての可能性から観察、実践する。

How    do you         breathe?

         you may 

         can you

How the breath        is            on     the mind and body?

                           may be         for

What the breath does?

What can be done in the breathing?

Let the breath work on you and you work on breath.

仰向けに寝て、ブロックを胸椎の下に当てた状態でのプラーナーヤーマ。

100年プラーナーヤーマを習っても、この感覚は体感できない。So, explore. 呼吸がどのように働くか、だけでなく、あなたが呼吸に対して何が出来るのかを探求しなさい。Supta Bhaddha Konāsana, Supta Virāsanaなどでもやってみる。

プラシャント先生は、私たちに対して特に教える、ということはしていなくて、何が起こっているのかを観察しなさい、と伝えているだけ。そこには私たちは気づいていないけど、たっくさんのことが happening, 起こっているよ!

あなたたちはいつも doing doing doing …. それで、その背後には何が起こっているのか?何が、どれだけ起こっているのか観察することを始めなさい。Yoga has to be happning. Not doing. ヨーガは行うのではなく、起こっていなければならない。

歳をとると、色々なことが出来なくなる。でもそこには沢山のことが起こっている。B.K.S. Iyengar 先生は happning について90歳を過ぎてからより取り組むようになった。

What can breath do for you?

呼吸はあなたのために何が出来る?

それから少しの間 Ujaii と Viloma の練習。

通常、先生はインストラクションを与えるけど、今日は呼吸が何をしているのか(呼吸によって何が起こっているのか)を観察し、学びなさい。

Graphically Ujaii. 

例えば “o” “ā” “ī” “ū” “e” を足首に思い描いて。

マントラ(Ram, Krishna, Hare, アーサナの名前など)を唱えながらのプラーナーヤーマは、そうでないものと違う効果がある。マントラを唱える時は母音を強調して。そうすると人は安らぐことができるから。

「口」は音を発する器官です。

ゴシップではなく、ゴスペルを話しなさい。

私たちが口を開く時、私たちは自身の無知さを露わにします。

賢さは口によっては稀にしか証明されません。